開業届の書き方には迷う部分もあるので注意

事業を始めたという人は、その日から一ヶ月以内に開業届を役所に提出しなくてはいけません。これを提出しておくと、確定申告の時期になると用紙が送られてくるので便利です。

出さなければ特別デメリットがあるかと聞かれれば、そういったものはあまりないのですが、普通は出すことになっています。これを出していないと、青色申告ができなかったりする場合もあるのでそこだけは注意が必要です。

開業届の書き方は、それほど難しいものではありません。税務署のホームページに行けば、雛形をダウンロードすることができるので、それに記入をすればいいだけです。屋号をどうすればいいのかとか、事業を始めた日をいつにすればいいのかとか、細かい問題はいろいろと出てきますが、適していると思ったことを書いておけば大丈夫です。
事業を始めた日は、実際に仕事をした日でもいいですし、お金が入ってきた日でもいいとされています。
分からないことがあれば、税務署に行って指導をしてもらいながら書き進めていくと間違いがないので一番です。

開業届を出しておけば、屋号を使って銀行口座が持てたりするので、仕事はしやすくなる可能性があります。本格的に仕事をしていこうと思っているのであれば、提出をしておくのがいいです。

主婦や学生の方がネットでちょっとお小遣いを稼ぐだけでも、出しておくのが望ましいとされています。ただし、一年ほど遅れても特になにも言われることがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です